習字の筆っこ

17/17ページ

習字の筆っこ 6月11日のお稽古

6月の毛筆2回目のお稽古です。 塾で教える習字教室。ふつうの習字教室と違う点はどこでしょうか。 それはガイダンスにチカラを入れていることです。塾は勉強を教えるところです。でも勉強をする主体は生徒です。ですから塾は「どうやって勉強をするか」をしっかりと生徒たちに教えます。勉強のHow toをしっかりレクチャーするのが良い塾ではないでしょうか。 ですから、塾の習字教室は、文字そのものの学び方をはじめ、 […]

習字の筆っこ 6月最初のお稽古

今日から6月のお稽古です。 先日も書きましたように、どの学年も先月よりぐっと難しくなっています。大きな声を出しながら指で書き順を確認し、お手本の注意点も声に出して確認します。 最初ですから鉛筆でなぞり書きをし、その上をお手本とDVDを見ながら筆で書いていきます。一画ずつ注意点も確認します。 まずは「真似ること」です。習字に限らずどんなことでも「真似る」ことからはじまります。ここをおろそかにしてはい […]

6月のお手本

6月のお手本を書いてみました。 5年生の「古都」はとくに「都」の文字が難しいです。十一画もあるので、あまり太くならないようにチカラを抜いて書くと良いでしょう。一画目をしっかりと右上がりにしないと全体が右上がりにならなくなってしまいます。 3年生の「子犬」は「子」の一画目をとくにしっかりと練習しましょう。二画目とのつながりも大切です。「犬」は三画目をしっかりとだんだん太くすると良い字になります。 2 […]

習字の筆っこ 硬筆のお稽古

今日の筆っこのお稽古は月に1回の硬筆です。 まずは、ひらがなのお稽古。高学年の生徒は「ひらがななんてわかってるよ」といいますが、あえて字と向き合うためにひらがなをしっかりと学んでいきます。 生徒たちが使っているのは「つく棒」といいます。一度書いた文字のイメージを消して、新たなもうひと文字をしっかりと書くためのと道具です。丁寧にひらがなを書いていきます。 つぎに自分の名前を何度も練習します。筆っこで […]

5月の毛筆の清書の日

今日は5月の毛筆の清書の日でした。 早めに来て練習する子もいてエライです。 まだ2か月めです。 のびのびと書く、を指導の中心にしています。 まずは筆で文字を書くことが大好きになってもらうことです。

筆で感謝の気持ちを

今日は 筆っこ のお稽古日です。 ちょっと遅れましたが、お母さんに感謝の気持ちをこめて ありがとう を筆で書きました。 筆で書いた感謝の気持ち。 しっかりとお母さんに伝わったかな。

5月7日の筆っこのお稽古

5月最初の筆っこのお稽古です。 今月のお稽古の文字とは初めての対面です。まずはなぞり書きをしっかりとおこないます。「体でのびのびとはらう」「どっしりと」などと声に出しながらなぞり書きをし、文字を自分なりに理解していきます。 もちろん、小3のこどもたちには「のびのびと」や「どっしりと」の言葉の意味はよくわかれません。こちらから「のびのびってどんな感じだろう」「のびのびの反対の言葉ってわかる」と声かけ […]

5月のお手本

5月のお手本を書いてみました。 5年生は「真」の字は画数が多くてちょっとたいへんです。「心」もバランスをとるのが難しいですね。上手に「まーるい」字にしたいですね。 3年生も「形」の字が難敵です。全体に右上がりを意識して書きたいです。「人」はのびのびとした字にしましょう。 2年生の「石」も画数が少なくて簡単なようでいてなかなか難しい字です。これも全体として右上がりを意識し、2画目はのびのびとです。

4月の毛筆の清書

今週のお稽古は4月の毛筆の清書でした。 初めての作品でしたが、1週目よりもずっと上手になりました。とめ、はらい、などなどまだまだですが、バランスは良いと思います。 それにしても、字はその子をそのまま映しだししますね。ということは、字が変わっていけばその子自身も変わっていくということです。 習字の筆っこには、習字を通じてこどもたちの成長を後押ししたい、という気持ちが根っこのとところにあります。 身の […]

1 17